菜の花のカルボナーラ(=゚ω゚)ノ

菜の花レシピも第4弾ですかね。菜の花っても冷凍だけど、なんせ500gもあるからね。 いろんなレシピ作らないとなかなか消費できません。でも「春に苦物を盛れ」と言うように、冬の間は寒さで活性が下がるから毒素がたまりやすいので、苦みを感じる成分を摂取してデトックスを行うには菜の花は最適な食材ですね。 旬だけあって必要な栄養価もしっかりと取れますから。ビタミンCがほうれん草の3倍とも言われていますし、春の青葉は見た目にも美しく料理に彩りを添えてくれます。春先には積極的に摂取したい野菜ですね。 と言うわけで今回は菜の花を使ったカルボナーラを作りたいと思います。 今回は冷凍の菜の花ですが、パスタと一緒に茹でれば手間も省けますし、カルボナーラは火加減にコツがいるものの基本的には手間もかからず短時間で作れるのでおススメです。 チーズは栄養価が高いことで知られていますが、特にパルメザンチーズはカルシウムの含有量が非常に高く、たんぱく質や資質も多めです。水分が少ない分栄養素が凝縮されているんですね。 他の食材に比べてカルシウムの吸収率も良いチーズはビタミンAやビタミンB2・B12が非常に多く含まれています。 ビタミンAは皮膚や粘膜に目の健康を正常に保つ働きがあり、ビタミンBには細胞の成長を助け、素肌の免疫力の強化をしてくれます。つまりチーズには美肌効果があるということです。 しかしチーズは脂肪分が多くカロリーが高いのがデメリットと考えられますが、実は乳製品中のカルシウ…

続きを読む