健康的なダイエットのすすめ

健康的なダイエットのすすめ ダイエットをする時には体型や体重は気になりますが、健康増進で気をつけたい点は体脂肪の量なのです。 一見して体格が良い方でも、筋肉質で体脂肪率が低い方がいます。 体脂肪率が低いということは、肥満ではありませんのであえてダイエットする必要はありません。 つまり、体脂肪率をとらえているのですから、健康にいいダイエットは体内に蓄積されている脂肪を燃やすことにあるのです。 健康的なおすすめダイエットは、体を動かす習慣をつけることにあります。 体内に蓄積されている脂肪を燃やすことが、健康的なおすすめダイエットの目指すところです。 ただし無理をしないことです。 極端な運動のしすぎで健康を阻害してはいけません。 長い期間コツコツ運動を続けていくコツは、あくまでも自分のペースで行い、ストレスを蓄積しないことです。 共に取り組めるパートナーを求めるのもいいでしょう。 健康的なダイエットは、減らした体重をいかにそのままにしておけるかがポイントです。 そのためには、短期間で痩せるよりも、時間を掛けて少しずつのダイエットの方が健康にいい影響が出ます。 ダイエットを成功させる計画策定と心構え ものごとを成功させるためには計画が重要なことはダイエットに限ったことではありません。 そこで、ダイエットを成功させるためにも実効性のある計画を立てましょう。 ダイエットが成功したときの到達点をできるだけ数値で表すようにして、そのための期限も決めます。 ダイエットに…

続きを読む

なぜ高血圧になるのか?を家族のため、自分のためのに考える

なぜ高血圧になるのか?を家族のため、自分のためのに考える なぜ高血圧になるのかを知ってみましょう。 高血圧になる原因 高血圧患者の約9割にあたる人が原因が不明の「本能性高血圧」といわれています。 この「本能性高血圧」は遺伝的要素や生活習慣の要素が原因ではないかといわれています。 家族や親せきに高血圧の人が多いと自身も高血圧になる確率が高いようです。 生活習慣の要素で高血圧の原因ではと思われるものに、 ・塩分の取りすぎ ・喫煙 ・肥満 ・運動不足 ・過度の飲酒 ・ストレス ・寒さなどが挙げられます。 「本能性高血圧」には生活習慣の改善が非常に大切だということです。 高血圧患者の残り1割が「二次性高血圧」です。 「本能性高血圧」は加齢とともに発症率が高くなりますが、「二次性高血圧」は若いうちら発症することがあるそうです。 「二次性高血圧」の原因は4つです。 ・腎臓の血管異常による腎血管性高血圧・ホルモン異常による内分泌性高血圧・大動脈、大動脈弁異常による大血管疾患による高血圧・副腎ステロイド、経口避妊薬などの薬剤による高血圧 「二次性高血圧」は原因がはっきりしているため、治せる高血圧でもあります。 高血圧の原因は理解できたでしょうか? 次に詳しく生活習慣の要因をそれぞれの内容を見てみましょう。 詳しい生活習慣の要因 生活習慣の危険因子 塩分の取りすぎ、肥満、運動不足、飲酒、喫煙、ストレス、加齢、寒さなどです。 ・塩分の取りすぎ 高血圧の…

続きを読む

日本人に多くみられる高血圧のタイプ

日本人に多くみられる高血圧のタイプ 日本人の高血圧には、原因や要因にいくつかの特徴があり、注意が必要です。 思い当たるものはありませんか? (1) 食塩摂取量が多い日本人の高血圧の最大の原因とされるのが、食塩摂取量の多さです。 減塩ブームと言われますが、現実には1日の食塩摂取量は、約11gにもなります。WHO(世界保健機関)が推奨する食塩摂取量は「1日6g未満」ですから、まだ大きな開きがあります。 食塩を多くとると、なぜ血圧が上がるのでしょう? 食塩をとると血液中の塩分濃度が高くなります。 すると濃度を調整するために体内の水分が血液中に集まります。 その結果、血液の量が増え血圧が上昇するのです。  (2) 内臓脂肪型肥満 日本人の男性(比較的若い世代)に多くみられるのが、内臓脂肪型肥満を原因の1つとする高血圧です。内臓脂肪が増えると、インスリンの働きが悪くなります。すると、すい臓から大量のインスリンが分泌されるようになりますが、インスリンには腎臓からの塩分の排泄を、妨げる作用があります。 その結果、血液中の塩分濃度が上昇し、高血圧をまねきます。 (3) 高血圧になりやすい体質 日本人の高血圧の患者のうち約半数は、親などから高血圧になりやすい体質を、受け継いでいると言われます。 両親ともに高血圧の人は特に要注意です。 高血圧になりやすい体質には、塩分感受性(塩分の影響を受けやすい)やカルシウムの調節機能がよくないなど、さまざまなものがあります。 両親、祖父母、…

続きを読む